横浜銀行カードローン

横浜銀行カードローンの特徴は?

横浜銀行カードローンの特徴は低金利、高額融資、即日融資、収入証明書不要といった特徴があります。

融資利率は年1.9%~14.6%となります。

これはメガバンクのカードローンと同水準で、一般的な利率ですが消費者金融と比較すると3.0%以上も低いです。

融資限度額は10~最高1000万円までと超高額融資に対応しています。

限度額1000万円を超えるカードローンは今のところ無く、横浜銀行カードローンの限度額は最高水準と言えます。

銀行カードローンですから総量規制の対象にならずまとまったお金を借りるのに最適でしょう。

条件付きですが申し込んだその日お金を借りることが可能です。

最近は銀行カードローンでも即日で融資してくれる所は多くなり、横浜銀行カードローンもそのうちの1つです。

今日中にお金が必要など急いでいるときにはかなりありがたいサービスです。

カードローンの申込みには本人確認書類の他に収入証明書が必要になることが多く、銀行カードローンは申込金額が100万円を超えると必要になるケースが殆ど。

ですが横浜銀行カードローンは300万円まで原則収入証明書が要りませんので、簡単な書類だけで申し込めるのは利用者にとっても嬉しい限りではないでしょうか。

横浜銀行カードローンの申込方法や返済方法!

申込方法はインターネット・FAX・郵送・電話があります。

インターネットとFAXは24時間受け付けていますのでいつでも申込可能です。

電話申し込みは土日も可能ですが平日と営業時間が異なりますので注意しましょう。

インターネットなら必要事項を記入するだけで良いので簡単ですので、ネットから申込むのが良いでしょう。

審査結果は原則即日解答となります。

基本的に電話で結果を通知しますので、いつでも電話に出れる状態にしておきましょう。

契約方法は郵便又はFAXにて行います。

郵送で手続きする場合は横浜銀行から書類が送られてきますので、本人確認書類等を併せて返送します。

FAXの場合は、ホームページより契約書類をダウンロードしてFAX送信します。

後日横浜銀行よりローンカードが送られてきます。

受け取ったカードはその日から利用可能です。

返済方法は定例返済と随時返済の2種類あります。

返済日は毎月10日に返済指定口座から自動引落となります。

返済額は前月の返済後の借入残高に応じた額となります。

例えば借入残高が10万円以下の場合は返済額2000円、10万円超え20万円以下は4000円といったように利用残高が高くなるに応じて返済額も多くなります。

随時返済は横浜銀行のATM、コンビニATMにて利用可能です。

横浜銀行カードローンで審査通過のための条件は?

横浜銀行カードローンに申し込みするには、契約時の年齢が満20歳以上69歳以下、安定した収入のある方及びその配偶者、指定地域内に居住若しくは勤務していること、保証会社の保証を受けられること、これらの条件をすべてクリアしていることが条件となります。

但し、これはあくまでも申込資格ですから、全てクリアしているからと言って借り入れOKというわけではありません。

申込後の審査を通過しなければ借入はできません。

安定した収入とは毎月きちんと定額収入がある状態のことを指します。

収入金額ではなく安定性としているのでパート・アルバイトの方、また専業主婦の方も申込むことが出来ます。

学生と年金受給者は申し込めませんので注意しましょう。

指定地域は神奈川県内全地域、東京都内全地域、群馬県内の以下の市、前橋市、高崎市、桐生市のいずれかの地域となります。

つまり上記以外の地域に住んでいる人は横浜銀行カードローンに申し込みできないということになります。

保証会社はSMBCコンシューマーファイナンス株式会社です。

審査では個人の信用情報もチェックされます。

信用情報にはローンやクレジットカードの利用履歴が記録されています。

返済を延滞したり債務整理などをすると異動情報として信用情報に記録されてしまいます。

信用情報に異動情報があるとカードローンの審査に通るのはほぼ不可能となりますので気をつけましょう。

横浜銀行カードローンは在籍確認の電話はある?

横浜銀行カードローンでは審査時に在籍確認を行います。

お金を借りる際、申込書に記入した内容に間違いがないかどうかを確認するために行われるものです。

実際に借り入れを申し込んできた本人が収入を得ているかどうかは返済に関わることですから非常に重要なポイントです。

申込書に勤務先や会社名、所属先を記入する欄が設けられており、その内容のとおりに仕事をしているかを確認するのが在籍確認です。

横浜銀行では電話にて在籍確認を行います。

大手消費者金融ですと書類提出での在籍確認もありますが横浜銀行の場合は電話以外での確認方法はありません。

ただ在籍確認は審査するスタッフの個人名で電話をかけてきますので基本的に職場の人にバレることはありません。

基本的に横浜銀行の場合は行名を名乗りますが、希望があれば個人名での電話も可能です。

但し、会社によっては個人名の電話には応答しないところもありますから、自分が勤務している会社が個人名の電話でもきちんと応対してくれるのかどうかは把握しておいたほうが良いでしょう。

本人が電話に出た場合はその場で在籍確認であると伝えられ、それで在籍確認は終了となります。

特にカードローンについての説明や個人情報の確認を取られることはありません。

本人以外の人が電話に出た場合や席を外している場合に電話が来た場合でも、その職場で働いていることの事実確認が取れれば在籍確認は終了となります。

横浜銀行カードローンは即日融資可能なの?

横浜銀行カードローンは即日融資が可能ですので、急ぎで借りたい方はどのように手続きをすれば当日中に借りれるのか必ず確認しておきましょう。

即日融資の条件は厳しいですから、できるだけ早くに申し込みを済ませておくことがポイントとなります。

インターネットなら24時間申込可能ですので、前日の夜に申し込みしておくと良いでしょう。

但し土日祝日は審査していませんので、土日祝日に即日融資を受けたい場合は他行のカードローンを検討してください。

条件は平日10時までに申し込みを行い、12時30分までに必要書類をFAXすれば即日でお金を借りれる可能性が高いです。

あくまでも可能性でありこの通りやれば必ず即日で借りれるわけではないのでその点は頭に入れておいてください。

電話での申込みだと優先的に審査してくれるケースが高いですから、電話で申し込みできる余裕がある方は電話で申し込みすると良いでしょう。

上記の方法は横浜銀行に口座を持っている方を対象にしたものです。

口座を持っていない場合は、窓口で口座開設・カードローン申込み・必要書類FAXを平日11時までに完了した場合に即日融資を受けられる可能性が高いです。

午前中が勝負となりますので仕事をしている方ですと即日融資は難しいかもしれませんね。

横浜銀行カードローンで増額するための条件は?

利用限度額の増額には審査があります。

希望すれば直ぐに限度額を上げてもらえるわけではないので頭に入れておきましょう。

また増額審査の結果によっては限度額の減額もありますので、理解した上で審査に申込むようにしましょう。

増額審査の申込みはカードローンセンターに問い合わせをすると申し込みできます。

増額申込みは基本的に何時でも出来ますが、ある程度の期間が経過してからでないと審査に通る可能性はありませんので、契約後すぐに申し込んだりするのは止めましょう。

と言うのも、増額審査では利用者の利用実績を元に判断しますので、利用実績を見るためにも期間が必要となります。

どれぐらいの期間が必要なのか、これに関しては特に明記されていませんので具体的な期間は分かりませんが、一般的には半年から1年以上の期間が必要とされています。

この期間中にきちんと返済できていて定期的に借り入れしていると増額審査は有利になります。

返済を一度でも延滞すると増額審査に通る可能性はほぼゼロとなりますので十分に気をつけましょう。

また返済するだけでなく定期的に借り入れすることもポイントとなりますので、その点も忘れないでください。

他社借り入れがある場合は他社の利用実績も審査でチェックされますので注意してください。