マイカーローンの借り換え

 

自動車の購入はマイカーローンを組まれている方が多いかと思います。
手持ちの現金が十分でなくてもローンを組むことで欲しい車を買えるのはうれしいですよね。
 

しかし中にはマイカーローンを組んで失敗したという方も多いです。
マイカーローンは扱っている金融機関によって商品内容が異なってきます。
 

自分に適したマイカーローンを組むことが一番ですが、中々そううまくは行きません。
ローンをいちど組んでしまったら諦めるしか無いのかといいますと、そんな事はありません。
実はマイカーローンは「借り換え」が可能です。
 

既に検討している方も多いかもしれませんが、マイカーローンの借り換えにはどんなメリットとデメリットが有るのでしょうか?
また、マイカーローンを借り換えする際にどのようなことに気をつけると良いのでしょうか?

 

マイカーローン借り換えのメリットってなに?

マイカーローンの借り換えで得られるメリットは何と言っても金利負担を減らせることです。

マイカーローンの借り換えによって変わるのは利息負担分であり、元金は一切変わりませんので、その点は勘違いしないように注意しましょう。
 

ただ元金は変わらなくても利息負担を減らすことが出来れば、総支払額の減額に繋がります。
利息額を決めるのは金利ですから、金利の利率が低ければそれだけ利息は少なくて済みます。
 

マイカーローンの金利は金融機関によって違います。
一般的にディーラーローンは金利が高めです。
 

ディーラーに進められるがままにマイカーローンを組まれてしまった方は、一度銀行や信用金庫のマイカーローンの金利をチェックしてみると良いです。
 

驚くほど低い金利で提供しているところもありますので、そういったマイカーローンへ借り換えると今よりも返済額も総支払額も減らすことが出来ます。

 

マイカーローン借り換えのデメリットとは?

マイカーローンの借り換えはメリットだけではありません。
借換えのデメリットもありますのでキチンと理解した上で借り換えするようにしましょう。
まずマイカーローンの借り換えのデメリットは手続きが面倒な事です。
 

いくら借り換えとは言え、結局は新しいマイカーローンに組み直すわけですから、当然新規申し込み同様に必要書類を集めて審査を受けなければいけません。
 

審査通過後に金融機関から融資を受け、今まで借りていた金融機関に返済し、借り換えした金融機関へ返済していくと言う形になります。
 

中には今まで借りていた金融機関に直接支払ってくれるところもあります。
ただ、どっちにしても手続きは面倒であることに変わりはありません。
 

またマイカーローン借り換えの審査を受けるということは、必ずしもマイカーローンの借り換えが出来るわけではないとも言えます。
マイカーローン借り換えの審査基準は金融機関によって違います。
 

マイカーローン借り換えは基本的に今のカードローンよりも低い金利の金融機関に申し込みします。
しかし金利が低くなればなるほど審査基準は厳しくなりますので、マイカーローンの借り換え審査は新規申込時よりも厳しくなると思ったほうが良いでしょう。
 

マイカーローンの借り換えには他にもデメリットが有り、それは手数料がかかることです。
借り換えするということは今借りているマイカーローンに対し繰り上げ返済する形になります。
 

繰り上げ返済するには利用手数料がかかることが多いです。
そして新しく借りる金融機関に対しては事務手数料や保証料がかかってきます。
2重に手数料がかかりますので、場合によってはマイカーローンを借り換えしたことにより、損してしまうことだって十分に考えられます。

 

マイカーローンの借り換えで注意するべきことは?

マイカーローンの借り換えをする上で注意すべきことがあります。
まずマイカーローンの借り換えは、その車両の所有権が自分にないといけません。
 

ディーラーや信販系クレジットでローンを組んでしまうと、購入した車両の所有者は自分ではなくディーラー若しくは信販会社に属します。
 

ですから基本的に他の金融機関のマイカーローンに借り換えは出来ません。
つまり銀行などの金融機関でマイカーローンを組まれている方に限り借り換えが可能ということになります。
 

次に車の担保評価です。
マイカーローン借り換え後に返済期間が延長になってしまう場合があります。
そうなるとその車が持つ担保評価がなくなってしまいますと、無担保ローンとして扱われてしまいます。
 

そうなると通常のマイカーローンよりも金利が高くなってしまうおそれがあるのです。
更に残債が多すぎてしまうと無担保ローンでも無理という結果になる可能性も十分に考えられます。
 

そして最後に「借り換えによる手数料で損する可能性」があるということです。
これはデメリットの部分でも触れましたが、マイカーローンを借り換えするにも手数料がかかります。
 

「が高く支払総額が殆ど変わらなかった」という結果になるばかりか、下手すれば逆に高く付いてしまったなんてこともあります。
余計な手間が掛かるばっかりで何のメリットもない借り換えなら、始めからしないほうが良いでしょう。

 

マイカーローン借り換えの審査って厳しいの?

マイカーローンを借り換えするにも審査を受けなければいけません。
一度審査に通っているから大丈夫と安易な考えをされる方も多いですが、借入先が異なれば審査基準は当然異なります。
 

しかも今よりも低い金利へマイカーローンを借り換えるわけですから、審査基準は厳しくなると思ったほうが良いです。
 

マイカーローンの借り換え審査で重視される項目は「新規契約時とほぼ同じ」です。
特に注意したいのは返済の延滞です。
 

マイカーローン借り換え前のローンで返済を延滞していると、その客観的事実は移動情報として個人の信用情報に記録されます。
信用情報とはローンやクレジットの利用状況のことを言い、指定信用情報機関に管理保持されています。
 

信用を必要とするローン契約では必ず照会されその情報を元に融資するかどうかを決めています。
基本的に異動情報がある人はローンの審査には通りませんので、借り換えしようと考えている方は特に返済の延滞や不払いに注意してください。

 

マイカーローン借り換えに必要な書類って一般的にどんなもの?

マイカーローンの借り換えに申込む上で必要となる書類があります。
金融機関によって必要書類は微妙に異なりますが、ここでは一般的に必要とされている書類を紹介します。
 

まず「本人確認書類」です。
これはローン契約する際には必須の書類と言えます。
 

運転免許証や顔写写真入りの勤務先証明書等です。
顔写真がはいっていないものは基本的に認められませんので注意しましょう。
 

返済能力を図る上で重要となる「収入証明書」と「勤続年数を確認できる書類」も必要です。
収入証明は源泉徴収票、住民税決定通知書、確定申告書等です。
 

勤続年数又は営業年数を確認できるものとしては健康保険証、年金定期便、開業届、初回確定申告書などです。
 

「資金使途及び所要金額を確認できる書類」と「現在借入中のローンの返済予定表」も必要となります。
借入残高と毎月の返済額は必ず確認する必要がありますので、どちらも記載されているものを用意しましょう。
他には借入中のローン返済用口座の通帳、車検証、銀行の届け印等です。
 

マイカーローンの申し込みで必要となる書類は金融機関ごとに違いますので、必ず確認してください。
また、マイカーローンの借り換え審査に提出した書類は、基本的に返還されませんので必ずコピーしたものを提出するようにしてください。